ここがオトク!キングコング:髑髏島の巨神の動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

「キングコング:髑髏島の巨神」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!
映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。

「キングコング:髑髏島の巨神」の動画を視聴する方法は?

「キングコング:髑髏島の巨神」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!

映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。 2019年10月現在、「キングコング:髑髏島の巨神」を視聴することのできる動画配信サービスは以下のようになっています。

「キングコング:髑髏島の巨神」動画配信サービス動画配信状況

現在、下記の動画配信サービスで「キングコング:髑髏島の巨神」を視聴することができます。

サービス配信状況料金無料期間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
Hulu933円(税抜)2週間
dTV500円(税抜)31日間
FOD888円(税抜)31日間
Amazon Prime500円(税抜)30日間
U-NEXTで無料で見るdTVで無料で見る

「キングコング:髑髏島の巨神」の動画は現在、U-NEXT、dTVで視聴することができます。「キングコング:髑髏島の巨神」が視聴できる動画配信サービスについて続いてご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは「14万本以上の作品が見放題」という、圧倒的なコンテンツ量を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

2007年から動画配信サービスを提供している古参の存在として、多くのユーザーから信頼を獲得しているともに、最新映画作品やTV放映中の旬なドラマなど新作も取り揃える大人気サービスです。

加えて、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができるため、動画作品、漫画、雑誌など総合的なエンタメコンテンツを楽しめます。

U-NEXTの特徴まとめ

  1. 旧作から新作まで!圧倒的な作品ラインナップ
  2. 雑誌や漫画も読み放題!
  3. 動画配信サービスでは珍しいアダルト作品も見放題
  4. ダウンロード機能でオフライン視聴も可能
  5. 最大4台まで同時視聴可能!
  • 作品数:国内最大級の16万本(その内14万本が見放題)
  • 料金:月額1990円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ・キッズ・ドキュメンタリー・アダルト・書籍
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:4台まで
  • 画質:高画質HD(1080p)・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・キャリア決済・Amazon.co.jp・AppleID・ギフトコード/U-NEXTカード
  • 無料期間中の退会:可能

U-NEXTのメリット・デメリットは?

U-NEXTの最大の魅力は、なんと言ってもその圧倒的なコンテンツ量です。14万本以上の動画作品が見放題で、国内最大級の作品数を取り揃えています。また、作品の更新頻度が高く、いち早く話題作が配信されるのも大きな特徴です。

対して、料金が月額1990円(税抜)と、他の動画配信サービスと比較すると少し高めの料金設定がデメリットと言えます。しかし、膨大な作品数と高い更新頻度を誇り「他サービスでは見れない作品も楽しむことできる」ため、納得の料金設定です。

16万冊以上の漫画や雑誌も読み放題!

また、U-NEXTでは動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。ワンピースやキングダム、進撃の巨人などの超人気作をはじめとした16万冊以上の漫画と、non・no(ノンノ)、週刊プレイボーイなど有名雑誌70誌以上を取り揃えています。

詳しい雑誌のラインナップはこちらの記事で解説しています。

U-NEXTを無料で利用する方法は?

U-NEXTでは、見放題プランの無料トライアル期間が31日間と、比較的長い期間無料で体験することができます。そのため、少し料金に対して不安があるという方はこの期間中に、じっくりサービスに満足できるか見極めることをオススメします!しかし、見放題プランと言ってもすべての作品が見放題となるわけでなく、原則、最新作品の視聴には課金が必要です。つまり、U-NEXT全てのサービスが無料ということではないのです。

ただし、トライアル期間中に付与されるポイントを使えば、無料で最新作品も視聴できます。詳しくは以下の記事で説明をしていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 過去の名作や旬な作品まで楽しみたい
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も読みたい
  • 家族みんなで使いたい

今すぐU-NEXTで無料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくは必ず、U-NEXT公式サイトにてご確認下さい。

dTV(ディーティービー)

dTVはNTTドコモが提供する動画配信サービスです。月額たったの500円(税抜)で映画やドラマ、アニメはもちろんのこと、アーティストのミュージックビデオやカラオケ、VR作品見ることができます。

ドコモユーザー以外も利用可能で、約12万本の作品をたったのワンコインで楽しむことができるなんてとてもお得ですよね。また、無料トライアル期間が31日間と比較的長い期間無料で体験することができます。

dTVの特徴まとめ

  1. 様々なジャンルに対応!約12万本のラインナップ!
  2. 音楽作品が豊富!アーティストのライブやMVが楽しめる!
  3. dTVでしか見れない!銀魂などのオリジナルコンテンツ!
  4. ダウンロード機能でオフライン再生も可能!
  5. こだわりの4K画質やVRコンテンツ!
  • 作品数:12万本
  • 料金:月額500円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:国内外の映画・ドラマ・アニメ・音楽など
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:なし(デバイスは5台まで追加可能)
  • 画質:SD・HD・・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・ドコモキャリア決済
  • 無料期間中の退会:可能

dTVのメリット・デメリットは?

dTVの特徴的なメリットとして、料金の安さが挙げられます。月額料金はたったの500円(税抜)で、業界最安値となっています。また、国内・海外映画やドラマはもちろん、アニメやバラエティ番組、dTVオリジナル番組などジャンルも非常に多彩。さらに、高画質の4K対応やVR作品なども取り揃えています。

しかし、定額の月額料金のみで楽しめる見放題動画は過去作品が多く、最新作などの映画は追加料金が発生する有料のレンタル作品として配信されています。そのため、自分が見たい作品が見放題の動画なのか、またはレンタル作品なのかは契約前に公式サイトで確認しておくことをオススメします。

dTVの無料登録方法は?

dTVを利用するにはログインに「dアカウント」を使用するため、dアカウントを所持している必要があります。そのため、ドコモのケータイを持っている方は方はSMSで、それ以外のキャリアを利用している方はメールアドレスでdアカウントを作成します。dTVに関する詳しい機能や無料登録方法は、こちらの記事をご覧下さい。

こんな人におすすめ

  • コストパフォーマンス最優先
  • ライブ生配信やMVなど音楽も楽しみたい
  • 高画質の4KやVR作品も興味がある

今すぐdTVで料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくはdTV公式サイトにてご確認下さい。

U-NEXでみれるキングコング:髑髏島の巨神出演者の他作品情報

トム・ヒドルストン

  1. キングコング:髑髏島の巨神
  2. マイティ・ソー
  3. マイティ・ソー バトルロイヤル
  4. マイティ・ソー/ダーク・ワールド
  5. 刑事ヴァランダー シーズン1
  6. 戦火の馬
  7. 愛情は深い海の如く
  8. アイ・ソー・ザ・ライト
  9. ハイ・ライズ
  10. アーリーマン ~ダグと仲間のキックオフ!~

サミュエル・L・ジャクソン

  1. キャプテン・マーベル
  2. ダイ・ハード3
  3. アイアンマン2
  4. ジュラシック・パーク
  5. キングコング:髑髏島の巨神
  6. キングスマン
  7. Mr.インクレディブル
  8. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃
  9. スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐
  10. アフロサムライ
  11. パルプ・フィクション
  12. アフロサムライ:レザレクション
  13. パトリオット・ゲーム
  14. 勇者たちの戦場
  15. アンブレイカブル
  16. 英雄の条件
  17. ザ・スピリット
  18. トリプルX
  19. コンフィデンスマン ある詐欺師の男
  20. ダウト・ゲーム
  21. カイト/KITE
  22. ビッグゲーム 大統領と少年ハンター
  23. ブラック・スネーク・モーン
  24. ディープ・ブルー
  25. ヘイトフル・エイト
  26. オールド・ボーイ
  27. ターザン:REBORN
  28. トリプルX:再起動
  29. セル
  30. 愛する人

ジョン・グッドマン

  1. キングコング:髑髏島の巨神
  2. フライト
  3. アーティスト
  4. お買いもの中毒な私!
  5. モンスターズ・インク
  6. モンスターズユニバーシティ
  7. ザ・ギャンブラー/熱い賭け
  8. 救命士
  9. コヨーテ・アグリー
  10. スピード・レーサー
  11. ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
  12. アルゴ
  13. 人生の特等席
  14. 赤ちゃん泥棒
  15. 10クローバーフィールド・レーン
  16. クーパー家の晩餐会
  17. ビッグ・リボウスキ
  18. ラマになった王様
  19. アラクノフォビア
  20. 狼の死刑宣告
  21. 俺たちスーパー・ポリティシャン めざせ下院議員!
  22. パトリオット・デイ
  23. アトミック・ブロンド
  24. 悪魔を憐れむ歌
  25. バッド・ウェイヴ

キングコング:髑髏島の巨神をDailymotion(デイリーモーション)やpandoraなどの無料動画サイトで視聴する危険性

無料で動画が視聴できるサイトに潜む危険性

「キングコング:髑髏島の巨神 動画  無料」などで検索をすると、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora、miomio、9tsuといった無料動画サイトが検索結果として表示されることがあります。

しかし、「無料で見れる!」と思ってサイトをクリックすると、危険なウイルスに感染してしまう可能性が潜んでいます。悪質な広告から有害なサイトに誘導され、個人情報の流出やネット詐欺に遭うリスクがあります。

また、このような配信サイトで投稿されている動画は違法にアップロードされているものです。そのため、それらをダウンロードすることは犯罪であり、刑事罰の対象となります。

安心して動画を視聴したい場合は、必ず有料の動画配信サービスを利用しましょう。既に説明をしましたが、有料の動画配信サービスでも、一定の期間は完全無料で様々な動画を見ることができます。

まずは無料トライアルを活用して、安全な動画配信サービスを試してみてはいかがでしょうか。

キングコング:髑髏島の巨神の作品詳細

キングコング:髑髏島の巨神作品データ

  • 製作年:ワーナー・ブラザース
  • 配給・制作会社:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

キングコング:髑髏島の巨神の制作スタッフ

  1. 監督:ダン・ギルロイ/マックス・ボレンスタイン
  2. 脚本:ジョン・ゲイティンズ/ダン・ギルロイ

キングコング:髑髏島の巨神の主要キャスト一覧

  1. トム・ヒドルストン
  2. サミュエル・L・ジャクソン
  3. ジョン・グッドマン
  4. ブリー・ラーソン
  5. ジン・ティエン
  6. トビー・ケベル
  7. ジョン・オーティス
  8. コーリー・ホーキンズ
  9. ジェイソン・ミッチェル
  10. シェー・ウィガム

登場人物①:ジェームズ・コンラッド by トム・ヒドルストン

元イギリスSAS大尉。オーストラリア軍SASの一員としてベトナムに出征し、現在は南ベトナム・サイゴンを拠点にフリーランスの傭兵として活動している。優れた戦闘能力やサバイバル能力、密林などにおける追跡能力等を目につけたランダとブルックスから直々に今回の調査に案内役兼サバイバルアドバイザーとして雇われる。金と依頼に忠実ではあるが、状況を的確に判断し、分断された調査チームのメンバーを先導していく。

登場人物②:メイソン・ウィーバー by ブリー・ラーソン

戦場カメラマン。知人の手伝いで今回の調査を知り、スクープを狙って同行。ベトナム戦争に対して疑問を感じており、「反戦カメラマン」を自称している。当初から表向きの理由である地質調査以外に何か別の意図があると踏んで疑っていた。コングを怪物と見做していたが、イーウィス族の村に滞在中にコングと遭遇したことをきっかけに、彼が本当は心優しい性格であることを知り、コング抹殺に執心するパッカードを止めようとする。

登場人物③:ウィリアム・“ビル”・ランダ by ジョン・グッドマン

特別研究機関MONARCH(モナーク)に所属する地質学者。戦艦U.S.S.ロートンの沈没事故(軍は敵軍の攻撃による撃沈と発表していた)で唯一生き残った経験をきっかけに、地球に人間以外の何かがいることを知り、地球空洞説に執心。調査の中で発見した髑髏島に自らの説を立証する存在=巨大生物がいることを確信し、旧知の仲であるウィリス上院議員の手配の下、髑髏島への調査チームを編成する。

「キングコング:髑髏島の巨神」の概要

1933年に公開され、全世界に大反響を巻き起こした第1作から数えること8作目となる怪獣映画の元祖“キングコング”シリーズの『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年3月25日に日本公開されました。

本作はリブートされたハリウッド版ゴジラを含むクロスオーバーシリーズ“モンスターバース”の第2弾として製作され、全世界興行収入は5億6千ドル、日本でも20億円を売り上げるヒット作となりました。

監督は本作が長編作目となる新鋭のジョーダン・ヴォート=ロバーツ、出演者は『マイティ・ソー』のトム・ヒドルストン。『アベンジャーズ』のサミュエル・L・ジャクソン、『キャプテン・マーベル』のブリー・ラーソンといったマーベル作品ゆかりのキャストが軒を連ねて、日本からも近年精力的に俳優業もこなしているギタリストのMIYAVIが出演しています。

「キングコング:髑髏島の巨神」のあらすじ・ネタバレ

ここでは、「キングコング:髑髏島の巨神」の詳しい物語のあらすじやネタバレの情報をご紹介します。
※ネタバレの内容も含むので、これから映画を楽しみたいという方はご注意ください!

未知の島「髑髏島」の探索・・・キングコング出現

太平洋戦争時の1944年、未知の島へ不時着したアメリカ兵のマーロウは日本兵のイカリと一戦を交えようとしていたところ、二人の目の前に巨大な猿の怪物が現れました。

それから時は流れて1973年。
ベトナム戦争から撤退したアメリカは政府の特殊研究機関「モナーク」が発見した未開の島「髑髏島」を探索すべく、モナークの科学者ランダとブルックスを調査に派遣することにしました。

ランダたちは護衛部隊としてベトナム帰りのパッカード大佐の部隊を同行させることにし、サバイバルの専門家コンラッドや戦場カメラマンのウィーバーなども帯同しました。

一行はパッカード部隊のヘリ数機で髑髏島の上空にとして飛びましたが、突如現れた巨大な猿の怪物“キングコング”にヘリ部隊を壊滅させられてしまいました。

部下を殺されたパッカード大佐はキングコングへの復讐を誓い、コンラッドたちはひとまず合流地点に向かうことにしました。

次々と襲い掛かる巨大怪物・・・意見が分かれる調査隊

コンラッドたちは島の原住民イーウィス族と遭遇、この島で生き延びていたマーロウと出会いました。

マーロウはキングコングは島の守護者であり、凶暴な巨大怪物スカイ・クローラーから島を守ってきたのだと説明しました。

コンラッドたちは島から脱出するため、マーロウが作っていた小型船「グレイ・フォックス号」を整備することにしました。
一方、ウィーバーはヘリの残骸の下敷きになっていた巨大水牛スケル・バッファローを助けようとしたところ、キングコングが現れて水牛を助けました。キングコングはウィーバーに敵意がないことに気付くと何もせず去っていきました。

やがて船の整備が終わり、コンラッドたちは島から離れようとしましたが、散り散りになった部下の救助が優先だと主張するパッカード大佐に押し切られて島の奥深くへと向かいました。

一行はスカイ・クローラーに襲われ、ランダや兵士たちが次々と犠牲になりました。何とか怪物は撃退したものの、部下が死んでいたことを知ったパッカード大佐は逆上してキングコングへの敵意を募らせ、キングコングと敵対すべきではないというウィーバーやコンラッドたちと意見が分かれました。

キングコングとスカイ・クローラーとの死闘・・・島から脱出なるか?

コンラッドとウィーバーの前にキングコングが現れましたが、二人に敵意のないことを悟ったキングコングはその場を去ろうとしました。

しかし、パッカード大佐の執拗な攻撃に耐え兼ねたキングコングは怒りを露わにし、コンラッドたちはパッカード大佐を止めようとして一触即発となりました。

その場にスカイ・クローラーの帝王“スカル・デビル”が出現、キングコングはなおも抵抗するパッカード大佐を倒すと両親の仇であるスカル・デビルに戦いを挑みました。

コンラッドたちはグレイ・フォックス号で脱出しようとしましたが、スカル・デビルに追い付かれてしまいます。そこにキングコングが現れてスカル・デビルと死闘を繰り広げ、何とか倒すことに成功しました。
キングコングは川に投げ出されたウィーバーを救うとその場を去っていきました。

アメリカに帰国したマーロウは家族と再会を果たし、モナークに招かれたコンラッドとウィーバーはキングコングの他にも世界各地には巨大生物が生息していることを教えられ、ゴジラやモスラ、キングギドラに関する資料を提示されました。

「キングコング:髑髏島の巨神」の感想・レビュー

中盤までの展開から、残り30分でテンポが上がり最後の見せ場が非常に面白かったという意見が多く見られました。ラストにはゴジラへの繋ぎがあり、そのような伏線に注目される方もいました。