ここがオトク!マイケル・ジャクソン THIS IS ITの動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!
映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の動画を視聴する方法は?

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!

映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。 2019年10月現在、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を視聴することのできる動画配信サービスは以下のようになっています。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」動画配信サービス動画配信状況

現在、下記の動画配信サービスで「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」を視聴することができます。

サービス配信状況料金無料期間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
Hulu933円(税抜)2週間
dTV500円(税抜)31日間
FOD888円(税抜)31日間
Amazon Prime500円(税抜)30日間
U-NEXTで無料で見るdTVで無料で見る

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の動画は現在、U-NEXT、dTVで視聴することができます。「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」が視聴できる動画配信サービスについて続いてご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは「14万本以上の作品が見放題」という、圧倒的なコンテンツ量を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

2007年から動画配信サービスを提供している古参の存在として、多くのユーザーから信頼を獲得しているともに、最新映画作品やTV放映中の旬なドラマなど新作も取り揃える大人気サービスです。

加えて、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができるため、動画作品、漫画、雑誌など総合的なエンタメコンテンツを楽しめます。

U-NEXTの特徴まとめ

  1. 旧作から新作まで!圧倒的な作品ラインナップ
  2. 雑誌や漫画も読み放題!
  3. 動画配信サービスでは珍しいアダルト作品も見放題
  4. ダウンロード機能でオフライン視聴も可能
  5. 最大4台まで同時視聴可能!
  • 作品数:国内最大級の16万本(その内14万本が見放題)
  • 料金:月額1990円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ・キッズ・ドキュメンタリー・アダルト・書籍
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:4台まで
  • 画質:高画質HD(1080p)・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・キャリア決済・Amazon.co.jp・AppleID・ギフトコード/U-NEXTカード
  • 無料期間中の退会:可能

U-NEXTのメリット・デメリットは?

U-NEXTの最大の魅力は、なんと言ってもその圧倒的なコンテンツ量です。14万本以上の動画作品が見放題で、国内最大級の作品数を取り揃えています。また、作品の更新頻度が高く、いち早く話題作が配信されるのも大きな特徴です。

対して、料金が月額1990円(税抜)と、他の動画配信サービスと比較すると少し高めの料金設定がデメリットと言えます。しかし、膨大な作品数と高い更新頻度を誇り「他サービスでは見れない作品も楽しむことできる」ため、納得の料金設定です。

16万冊以上の漫画や雑誌も読み放題!

また、U-NEXTでは動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。ワンピースやキングダム、進撃の巨人などの超人気作をはじめとした16万冊以上の漫画と、non・no(ノンノ)、週刊プレイボーイなど有名雑誌70誌以上を取り揃えています。

詳しい雑誌のラインナップはこちらの記事で解説しています。

U-NEXTを無料で利用する方法は?

U-NEXTでは、見放題プランの無料トライアル期間が31日間と、比較的長い期間無料で体験することができます。そのため、少し料金に対して不安があるという方はこの期間中に、じっくりサービスに満足できるか見極めることをオススメします!しかし、見放題プランと言ってもすべての作品が見放題となるわけでなく、原則、最新作品の視聴には課金が必要です。つまり、U-NEXT全てのサービスが無料ということではないのです。

ただし、トライアル期間中に付与されるポイントを使えば、無料で最新作品も視聴できます。詳しくは以下の記事で説明をしていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 過去の名作や旬な作品まで楽しみたい
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も読みたい
  • 家族みんなで使いたい

今すぐU-NEXTで無料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくは必ず、U-NEXT公式サイトにてご確認下さい。

dTV(ディーティービー)

dTVはNTTドコモが提供する動画配信サービスです。月額たったの500円(税抜)で映画やドラマ、アニメはもちろんのこと、アーティストのミュージックビデオやカラオケ、VR作品見ることができます。

ドコモユーザー以外も利用可能で、約12万本の作品をたったのワンコインで楽しむことができるなんてとてもお得ですよね。また、無料トライアル期間が31日間と比較的長い期間無料で体験することができます。

dTVの特徴まとめ

  1. 様々なジャンルに対応!約12万本のラインナップ!
  2. 音楽作品が豊富!アーティストのライブやMVが楽しめる!
  3. dTVでしか見れない!銀魂などのオリジナルコンテンツ!
  4. ダウンロード機能でオフライン再生も可能!
  5. こだわりの4K画質やVRコンテンツ!
  • 作品数:12万本
  • 料金:月額500円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:国内外の映画・ドラマ・アニメ・音楽など
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:なし(デバイスは5台まで追加可能)
  • 画質:SD・HD・・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・ドコモキャリア決済
  • 無料期間中の退会:可能

dTVのメリット・デメリットは?

dTVの特徴的なメリットとして、料金の安さが挙げられます。月額料金はたったの500円(税抜)で、業界最安値となっています。また、国内・海外映画やドラマはもちろん、アニメやバラエティ番組、dTVオリジナル番組などジャンルも非常に多彩。さらに、高画質の4K対応やVR作品なども取り揃えています。

しかし、定額の月額料金のみで楽しめる見放題動画は過去作品が多く、最新作などの映画は追加料金が発生する有料のレンタル作品として配信されています。そのため、自分が見たい作品が見放題の動画なのか、またはレンタル作品なのかは契約前に公式サイトで確認しておくことをオススメします。

dTVの無料登録方法は?

dTVを利用するにはログインに「dアカウント」を使用するため、dアカウントを所持している必要があります。そのため、ドコモのケータイを持っている方は方はSMSで、それ以外のキャリアを利用している方はメールアドレスでdアカウントを作成します。dTVに関する詳しい機能や無料登録方法は、こちらの記事をご覧下さい。

こんな人におすすめ

  • コストパフォーマンス最優先
  • ライブ生配信やMVなど音楽も楽しみたい
  • 高画質の4KやVR作品も興味がある

今すぐdTVで料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくはdTV公式サイトにてご確認下さい。

U-NEXでみれるマイケル・ジャクソン THIS IS IT出演者の他作品情報

ケニー・オルテガ

  1. ハイスクール・ミュージカル/ザ・ムービー
  2. ハイスクール・ミュージカル
  3. ハイスクール・ミュージカル2
  4. ロッキー・ホラー・ショー タイム・ワープ・アゲイン

マイケル・ジャクソン

  1. マイケル・ジャクソン~衝撃の死の真相~

マイケル・ジャクソン THIS IS ITをDailymotion(デイリーモーション)やpandoraなどの無料動画サイトで視聴する危険性

無料で動画が視聴できるサイトに潜む危険性

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT 動画  無料」などで検索をすると、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora、miomio、9tsuといった無料動画サイトが検索結果として表示されることがあります。

しかし、「無料で見れる!」と思ってサイトをクリックすると、危険なウイルスに感染してしまう可能性が潜んでいます。悪質な広告から有害なサイトに誘導され、個人情報の流出やネット詐欺に遭うリスクがあります。

また、このような配信サイトで投稿されている動画は違法にアップロードされているものです。そのため、それらをダウンロードすることは犯罪であり、刑事罰の対象となります。

安心して動画を視聴したい場合は、必ず有料の動画配信サービスを利用しましょう。既に説明をしましたが、有料の動画配信サービスでも、一定の期間は完全無料で様々な動画を見ることができます。

まずは無料トライアルを活用して、安全な動画配信サービスを試してみてはいかがでしょうか。

マイケル・ジャクソン THIS IS ITの作品詳細

マイケル・ジャクソン THIS IS IT作品データ

  • 配給・制作会社:©2009 The Michael Jackson Company

マイケル・ジャクソン THIS IS ITの制作スタッフ

  1. 監督:ケニー・オルテガ

マイケル・ジャクソン THIS IS ITの主要キャスト一覧

  1. マイケル・ジャクソン

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の概要

マイケル・ジャクソン THIS IS ITとは、2009年7月から公演が予定されていたロンドン公演のリハーサル映像を基に作成された、マイケル・ジャクソンのドキュメンタリー映画です。

ロンドン公演のクリエイティブパートナーであったケニー・オルテガが監督を務めました。

2009年10月28日から2週間限定で全世界同時公開され、日本では公開から4日間で、6億4663万6400円の興行収入と、50万9251人の観客動員数を記録しました。

公開後、11月27日まで公開期間が延長されました。日本国内においては、2009年12月19日からと、2010年6月19日からの2度、アンコール上映が行われています。

2010年にBETアワード最優秀映画賞を受賞しています。

「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」のあらすじ・ネタバレ

ここでは、「マイケル・ジャクソン THIS IS IT」の詳しい物語のあらすじやネタバレの情報をご紹介します。
※ネタバレの内容も含むので、これから映画を楽しみたいという方はご注意ください!

12年ぶりとなるはずだったコンサート

THIS IS ITは本来、イギリス・ロンドンにあるO2アリーナで開催されるはずだった、マイケル・ジャクソンのコンサートでした。

マイケルにとって12年ぶりとなるコンサートで、その全50公演のチケットは完売していました。

しかし、コンサートを目前に控えた6月25日、マイケル・ジャクソンは突然、還らぬ人となってしまいます。

映像は、そんなことは誰も想像していなかった4月15日に撮影されたインタビューから始まります。

マイケルに憧れてオーディションに挑み、合格したダンサー達が語る姿が映されています。

誰もが興奮を抑えきれないようでした。

ダンサーたちのインタビューの後には、ショーのオープニング映像が流れます。

花火、爆発音、フラッシュ映像が流れ、映像で輝くライトマンが登場します。

ライトマンの中からマイケル・ジャクソンが飛び出し、ショーが始まります。

マイケル・ジャクソンが創り上げたステージ

ダンスオーディションの様子が記録されていました。

ステージ上では大勢のダンサー達が踊り、神妙な面持ちで審査をするマイケル・ジャクソンとケニー・オルテガが居ます。

振り付け師は、「美しくてセクシー、ダンスも一流、それでも華がないと採用されない」と、語っています。

メインダンサーが発表された瞬間、ステージ上で抱き合うダンサー達が映し出されます。

ダンサー達が、装置を使ってステージ上に飛び出す練習をしている様子や、グリーンバックを使ってステージ用の映像を撮影している様子が見られます。

ダンサー達とマイケルが、スタジオやステージで実際に踊っている姿も映像に収められています。

公演が開催されていたら、ステージで使われていたであろう映像も流れます。

スタッフとマイケルが、ステージの準備をしている様子も見ることができます。

歌っている最中、音が反響して歌いづらいとマイケルが訴えると、音響スタッフはすぐにボリュームの調整をして合わせていきます。

マイケルは少しのリズムや音の違い、タイミングなど、細部にわたってこだわりを見せます。

キーボードにも、ギターにも、細かく指示を出し、演奏者はマイケルの要求に応じて音を作り上げていきます。

ケニーと意見を交わしながら、照明チームと共に、照明のタイミングやスポットライトの位置の確認など、歌やダンス以外の演出も入念に行っていました。

マイケル・ジャクソンからのメッセージとは…

スタッフが円になり手を繋いでいる中、マイケルのスピーチが行われます。

そのスピーチでマイケルは、「みんな愛している僕らはファミリーだ。世界に愛を取り戻そう」「そして地球を大切に」「僕らが伝えるのは大切なメッセージだ」と、伝えています。

劇中で流れていたEARTH SONGのパフォーマンスがこの言葉につながっているようでした。

そこでもマイケルは、自然への敬意と、アマゾンの現状に対する怒りを訴えていました。

マイケル・ジャクソンにとってこの公演は、単なるエンターテインメントではなく、大切なメッセージが込められたものだったのです。

残念なことに、この公演がステージで見られることはありませんでした。

しかし、ケニー・オルテガの手により、マイケルの個人的な記録として撮影されたこのリハーサル映像が、ドキュメンタリー映画として公開されることになったのです。