ここがオトク!猿の惑星の動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

「猿の惑星」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!
映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。

「猿の惑星」の動画を視聴する方法は?

「猿の惑星」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!

映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。 2019年10月現在、「猿の惑星」を視聴することのできる動画配信サービスは以下のようになっています。

「猿の惑星」動画配信サービス動画配信状況

現在、下記の動画配信サービスで「猿の惑星」を視聴することができます。

サービス配信状況料金無料期間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
Hulu933円(税抜)2週間
dTV500円(税抜)31日間
FOD888円(税抜)31日間
Amazon Prime500円(税抜)30日間
U-NEXTで無料で見る

「猿の惑星」の動画は現在、U-NEXTで視聴することができます。「猿の惑星」が視聴できる動画配信サービスについて続いてご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは「14万本以上の作品が見放題」という、圧倒的なコンテンツ量を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

2007年から動画配信サービスを提供している古参の存在として、多くのユーザーから信頼を獲得しているともに、最新映画作品やTV放映中の旬なドラマなど新作も取り揃える大人気サービスです。

加えて、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができるため、動画作品、漫画、雑誌など総合的なエンタメコンテンツを楽しめます。

U-NEXTの特徴まとめ

  1. 旧作から新作まで!圧倒的な作品ラインナップ
  2. 雑誌や漫画も読み放題!
  3. 動画配信サービスでは珍しいアダルト作品も見放題
  4. ダウンロード機能でオフライン視聴も可能
  5. 最大4台まで同時視聴可能!
  • 作品数:国内最大級の16万本(その内14万本が見放題)
  • 料金:月額1990円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ・キッズ・ドキュメンタリー・アダルト・書籍
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:4台まで
  • 画質:高画質HD(1080p)・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・キャリア決済・Amazon.co.jp・AppleID・ギフトコード/U-NEXTカード
  • 無料期間中の退会:可能

U-NEXTのメリット・デメリットは?

U-NEXTの最大の魅力は、なんと言ってもその圧倒的なコンテンツ量です。14万本以上の動画作品が見放題で、国内最大級の作品数を取り揃えています。また、作品の更新頻度が高く、いち早く話題作が配信されるのも大きな特徴です。

対して、料金が月額1990円(税抜)と、他の動画配信サービスと比較すると少し高めの料金設定がデメリットと言えます。しかし、膨大な作品数と高い更新頻度を誇り「他サービスでは見れない作品も楽しむことできる」ため、納得の料金設定です。

16万冊以上の漫画や雑誌も読み放題!

また、U-NEXTでは動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。ワンピースやキングダム、進撃の巨人などの超人気作をはじめとした16万冊以上の漫画と、non・no(ノンノ)、週刊プレイボーイなど有名雑誌70誌以上を取り揃えています。

詳しい雑誌のラインナップはこちらの記事で解説しています。

U-NEXTを無料で利用する方法は?

U-NEXTでは、見放題プランの無料トライアル期間が31日間と、比較的長い期間無料で体験することができます。そのため、少し料金に対して不安があるという方はこの期間中に、じっくりサービスに満足できるか見極めることをオススメします!しかし、見放題プランと言ってもすべての作品が見放題となるわけでなく、原則、最新作品の視聴には課金が必要です。つまり、U-NEXT全てのサービスが無料ということではないのです。

ただし、トライアル期間中に付与されるポイントを使えば、無料で最新作品も視聴できます。詳しくは以下の記事で説明をしていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 過去の名作や旬な作品まで楽しみたい
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も読みたい
  • 家族みんなで使いたい

今すぐU-NEXTで無料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくは必ず、U-NEXT公式サイトにてご確認下さい。

U-NEXでみれる猿の惑星出演者の他作品情報

チャールトン・ヘストン

  1. トゥルーライズ
  2. 続・猿の惑星
  3. 地上最大のショウ
  4. ベン・ハー
  5. エニイ・ギブン・サンデー
  6. ボウリング・フォー・コロンバイン
  7. ハムレット
  8. 大いなる西部
  9. アロウヘッド

キム・ハンター

  1. 新・猿の惑星
  2. 続・猿の惑星
  3. 泳ぐひと
  4. 欲望という名の電車

ロディ・マクドウォール

  1. バグズ・ライフ
  2. 最後の猿の惑星
  3. 猿の惑星・征服
  4. 新・猿の惑星
  5. ダーティ・メリー クレイジー・ラリー
  6. ポセイドン・アドベンチャー
  7. 潮風のいたずら
  8. わが谷は緑なりき
  9. 名犬ラッシー 家路
  10. 処刑教室

猿の惑星をDailymotion(デイリーモーション)やpandoraなどの無料動画サイトで視聴する危険性

無料で動画が視聴できるサイトに潜む危険性

「猿の惑星 動画  無料」などで検索をすると、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora、miomio、9tsuといった無料動画サイトが検索結果として表示されることがあります。

しかし、「無料で見れる!」と思ってサイトをクリックすると、危険なウイルスに感染してしまう可能性が潜んでいます。悪質な広告から有害なサイトに誘導され、個人情報の流出やネット詐欺に遭うリスクがあります。

また、このような配信サイトで投稿されている動画は違法にアップロードされているものです。そのため、それらをダウンロードすることは犯罪であり、刑事罰の対象となります。

安心して動画を視聴したい場合は、必ず有料の動画配信サービスを利用しましょう。既に説明をしましたが、有料の動画配信サービスでも、一定の期間は完全無料で様々な動画を見ることができます。

まずは無料トライアルを活用して、安全な動画配信サービスを試してみてはいかがでしょうか。

猿の惑星の作品詳細

猿の惑星作品データ

  • 製作年:1968
  • 配給・制作会社:20世紀フォックス

猿の惑星の制作スタッフ

  1. 監督:フランクリン・J・シャフナー
  2. 脚本:マイケル・ウィルソン/ロッド・サーリング
  3. 原作:ピエール・ブール

猿の惑星の主要キャスト一覧

  1. チャールトン・ヘストン
  2. キム・ハンター
  3. ロディ・マクドウォール
  4. リンダ・ハリソン
  5. モーリス・エヴァンス
  6. ジェームズ・ホイットモア
  7. ジェームズ・デイリー
  8. ロバート・ガナー
  9. ルー・ワグナー
  10. ウッドロウ・パーフレイ

登場人物①:ジョージ・テイラー大佐 by チャールトン・ヘストン

ANSA宇宙船・リバティー1(イカルス号)の船長で宇宙飛行士。厭世的で偏屈な性格から宇宙飛行に志願し、仲間と共に未来の地球へ到着する。猿が決して足を踏み入れない「禁断の地」において衝撃的な事実を知った後、恋人ノヴァと連れ立って砂漠を放浪中に奇怪な現象に遭遇し、真実を確かめるべくノヴァを残して崖の底に消える。後にミュータントたちによって捕らえられ、地下でノヴァやブレントたちと無事に再会する。

登場人物②:コーネリアス by ロディ・マクドウォール

考古学者で、猿の文明の成立以前にいた者のことを研究している。人間に対して懐疑的ではあるが、婚約者のジーラと共にテイラーを匿い、心強い味方となる。テイラーと禁断の地の果てまで同行したが、結局は猿社会に戻り、ブレントにも同様に保護を与える。友人の天才マイロの助けでジーラと共にイカルス号に乗り、過去の地球へと亡命できたが、後に未来の真実を知った人間の権力者たちに追い回される形となり、無残にも射殺された。

登場人物③:ジーラ博士 by キム・ハンター

動物心理学者兼獣医で、人間をいかにして猿に近づけるかを研究している。その為、非常に進歩的な思想を持っており、保守的なオランウータンや好戦的なゴリラたちから目の敵にされている。コーネリアスよりも人間寄りの考え方で、テイラーやブレントにも一定の理解を示す。過去の地球への亡命後にコーネリアスの子を出産したが、自分たちの抹殺をもくろむ人間たちから逃げ回る中、夫婦ともども射殺された。

「猿の惑星」の概要

フランスの小説家ピエール・ブールのSF小説を原作とし、リメイク・リブート版も併せて計9作のシリーズ作品が作られることとなったSF映画の金字塔『猿の惑星』シリース。

シリーズの原点であり、記念すべき第1作である『猿の惑星』は1968年4月13日に日本公開され、全世界で3千ドル、日本でも2億8万円を売り上げました。

監督は後に『パットン大戦車軍団』(1970年公開)でアカデミー賞主要7部門を制することになるフランクリン・J・シャフナー。

主演はハリウッドを代表する名優のひとりチャールトン・ヘストンが務め、共演として『史上最大の作戦』などのロディ・マクドウォール、『欲望という名の電車』などのキム・ハンターらが出演しています。

「猿の惑星」のあらすじ・ネタバレ

ここでは、「猿の惑星」の詳しい物語のあらすじやネタバレの情報をご紹介します。
※ネタバレの内容も含むので、これから映画を楽しみたいという方はご注意ください!

不時着した惑星は猿が支配する世界

1971年、テイラー船長ら4人のクルーを乗せた宇宙船がケネディ宇宙センターから飛び立ちました。

宇宙船はおよそ半年で地球に帰還する予定であり、テイラーら4人はそれまでの間冷凍冬眠に入りました。

ところが、宇宙船はとある惑星の湖に不時着、やがて湖の底に沈んでしまいます。
4人のうち1名は冬眠機器の不調により既に息絶えており、生き残ったものの地球へ帰還できなくなってしまったテイラーとドッジ、ランドンはひとまず食糧を探し求めて荒野をさまよい歩きました。

そんな彼らが目の当たりにしたのは、武器を手に取り、馬に跨った猿の集団でした。

ドッジは殺され、ランドンは行方不明となり、負傷したテイラーは捕らえられてしまいました。

人間は奴隷扱い・・・立場が逆転した人間と猿

人間の女性ノバと共に牢に入れられたテイラーは研究の対象とされようとしていました。

この世界では猿は人間の言葉を話し、逆に言葉を話せず文化も持たない人間は奴隷同然の扱いを受けていました。

テイラーを観察した動物心理学者の猿・ジーラと考古学者のコーネリアスは、彼が高い知能を有していることに興味を持ち、かねてから研究してきた“真実”が本当であることを確信しました。

しかし、ジーラとコーネリアスの上司であるザイウス博士にとってテイラーは脅威そのものであり、ザイウスは猿による支配を正当化するためにこれまで隠し通してきた“真実”が暴かれることを危惧していました。

テイラーは猿たちに自分が言葉を話せることを実証してみせましたが、ザイウスはこれがジーラとコーネリアスが仕組んだ陰謀だとみなしていました。

明らかになる真実・・・猿の惑星の正体とは?

ジーラとコーネリアスは決して足を踏み入れてはならないとされている「禁断地帯」へと向かい、数千年前に人間が猿よりも高い知能を持ち文明を築き上げていた痕跡を発見しました。

これにより支配の正当性が損なわれることを恐れたザイウスはなおも真実を隠蔽しようとしましたが、テイラーに迫られて遂にこの惑星はかつて人間が支配していたという真実を認めました。

ジーラとコーネリアスに別れを告げたテイラーはノバを伴い、新天地を求めて禁断地帯へと旅立ちました。
ザイウスは文明の痕跡の破壊を命じると、改めてジーラとコーネリアスを裁くと宣言しました。

やがてとある浜辺に辿り着いたテイラーとノバは、砂に埋もれた“自由の女神像”を発見しました。
この猿の惑星の正体が2000年もの月日が流れて荒廃した地球そのものであることを知ったテイラーは悲観してその場に泣き崩れました。

「猿の惑星」の感想・レビュー

SF映画の金字塔として、何度も見ているファンの方のコメントが多く見られました。CG技術のない時代に、手作り感のある美術が今見ると、味わい深いという感想もありました。