ここがオトク!ピエロがお前を嘲笑うの動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

「ピエロがお前を嘲笑う」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!
映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。

「ピエロがお前を嘲笑う」の動画を視聴する方法は?

「ピエロがお前を嘲笑う」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!

映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。 2019年10月現在、「ピエロがお前を嘲笑う」を視聴することのできる動画配信サービスは以下のようになっています。

「ピエロがお前を嘲笑う」動画配信サービス動画配信状況

現在、下記の動画配信サービスで「ピエロがお前を嘲笑う」を視聴することができます。

サービス配信状況料金無料期間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
Hulu933円(税抜)2週間
dTV500円(税抜)31日間
FOD888円(税抜)31日間
Amazon Prime500円(税抜)30日間
U-NEXTで無料で見る

「ピエロがお前を嘲笑う」の動画は現在、U-NEXTで視聴することができます。「ピエロがお前を嘲笑う」が視聴できる動画配信サービスについて続いてご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは「14万本以上の作品が見放題」という、圧倒的なコンテンツ量を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

2007年から動画配信サービスを提供している古参の存在として、多くのユーザーから信頼を獲得しているともに、最新映画作品やTV放映中の旬なドラマなど新作も取り揃える大人気サービスです。

加えて、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができるため、動画作品、漫画、雑誌など総合的なエンタメコンテンツを楽しめます。

U-NEXTの特徴まとめ

  1. 旧作から新作まで!圧倒的な作品ラインナップ
  2. 雑誌や漫画も読み放題!
  3. 動画配信サービスでは珍しいアダルト作品も見放題
  4. ダウンロード機能でオフライン視聴も可能
  5. 最大4台まで同時視聴可能!
  • 作品数:国内最大級の16万本(その内14万本が見放題)
  • 料金:月額1990円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ・キッズ・ドキュメンタリー・アダルト・書籍
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:4台まで
  • 画質:高画質HD(1080p)・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・キャリア決済・Amazon.co.jp・AppleID・ギフトコード/U-NEXTカード
  • 無料期間中の退会:可能

U-NEXTのメリット・デメリットは?

U-NEXTの最大の魅力は、なんと言ってもその圧倒的なコンテンツ量です。14万本以上の動画作品が見放題で、国内最大級の作品数を取り揃えています。また、作品の更新頻度が高く、いち早く話題作が配信されるのも大きな特徴です。

対して、料金が月額1990円(税抜)と、他の動画配信サービスと比較すると少し高めの料金設定がデメリットと言えます。しかし、膨大な作品数と高い更新頻度を誇り「他サービスでは見れない作品も楽しむことできる」ため、納得の料金設定です。

16万冊以上の漫画や雑誌も読み放題!

また、U-NEXTでは動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。ワンピースやキングダム、進撃の巨人などの超人気作をはじめとした16万冊以上の漫画と、non・no(ノンノ)、週刊プレイボーイなど有名雑誌70誌以上を取り揃えています。

詳しい雑誌のラインナップはこちらの記事で解説しています。

U-NEXTを無料で利用する方法は?

U-NEXTでは、見放題プランの無料トライアル期間が31日間と、比較的長い期間無料で体験することができます。そのため、少し料金に対して不安があるという方はこの期間中に、じっくりサービスに満足できるか見極めることをオススメします!しかし、見放題プランと言ってもすべての作品が見放題となるわけでなく、原則、最新作品の視聴には課金が必要です。つまり、U-NEXT全てのサービスが無料ということではないのです。

ただし、トライアル期間中に付与されるポイントを使えば、無料で最新作品も視聴できます。詳しくは以下の記事で説明をしていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 過去の名作や旬な作品まで楽しみたい
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も読みたい
  • 家族みんなで使いたい

今すぐU-NEXTで無料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくは必ず、U-NEXT公式サイトにてご確認下さい。

U-NEXでみれるピエロがお前を嘲笑う出演者の他作品情報

ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

  1. ソウル・キッチン

トム・シリング

  1. フランス組曲
  2. コーヒーをめぐる冒険

エリアス・ムバレク

    ピエロがお前を嘲笑うをDailymotion(デイリーモーション)やpandoraなどの無料動画サイトで視聴する危険性

    無料で動画が視聴できるサイトに潜む危険性

    「ピエロがお前を嘲笑う 動画  無料」などで検索をすると、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora、miomio、9tsuといった無料動画サイトが検索結果として表示されることがあります。

    しかし、「無料で見れる!」と思ってサイトをクリックすると、危険なウイルスに感染してしまう可能性が潜んでいます。悪質な広告から有害なサイトに誘導され、個人情報の流出やネット詐欺に遭うリスクがあります。

    また、このような配信サイトで投稿されている動画は違法にアップロードされているものです。そのため、それらをダウンロードすることは犯罪であり、刑事罰の対象となります。

    安心して動画を視聴したい場合は、必ず有料の動画配信サービスを利用しましょう。既に説明をしましたが、有料の動画配信サービスでも、一定の期間は完全無料で様々な動画を見ることができます。

    まずは無料トライアルを活用して、安全な動画配信サービスを試してみてはいかがでしょうか。

    ピエロがお前を嘲笑うの作品詳細

    ピエロがお前を嘲笑う作品データ

    • 製作年:2015
    • 配給・制作会社:ファントム・フィルム,Wiedemann & Berg,Filmproduktion,Seven Pictures,Deutsche Columbia Pictures,Film Produktion

    ピエロがお前を嘲笑うの制作スタッフ

    1. 監督:バラン・ボー・オダー
    2. 脚本:バラン・ボー・オダー,ヤンチェ・フリーセ

    ピエロがお前を嘲笑うの主要キャスト一覧

    1. トム・シリング
    2. エリアス・ムバレク
    3. ヴォータン・ヴィルケ・メーリング
    4. アントニオ・モノー・Jr
    5. ハンナー・ヘルツシュプルンク
    6. トリーヌ・ディルホム
    7. シュテファン・カンプヴィルト

    登場人物①:ベンヤミン by トム・シリング

    天才ハッカー。学校では苛められ冴えない。好きだった元同級生のマリのために、試験問題をハッキングして手にいれようとしたベンヤミンだったが捕まってしまう。社会奉仕活動を命じられ、そこで野心家のマックスと知り合う。マックスとベンヤミンは、マックスの友人たちを交えて、ピエロの仮面を被って破壊活動を行うハッカー集団“CLAY<クレイ>”を結成する。

    登場人物②:マックス by エリアス・ムバレク

    野心家のハッカー。社会奉仕活動先で、ベンヤミンと知り合う。2人にはハッキングという共通の趣味が合った。マックスはベンヤミンの天才的な才能を見抜き、マックスの友人たちを交えて、破壊活動を行うハッカー集団“CLAY<クレイ>”を結成する。

    登場人物③:シュテファン by ヴォータン・ヴィルケ・メーリング

    弱点探索の得意なハッカー。ベンヤミンとは、ベンヤミンがマックスに招待されたパーティー会場で出会う。友人のパウルも含めた四人でハッキング集団『Clay』を結成し多くのハッキング攻撃を無差別に起こすようなる。

    「ピエロがお前を嘲笑う」の概要

    映画『ピエロがお前を嘲笑う』は2014年に公開された映画です。日本では2015年に劇場公開されました。

    この作品はドイツ・アカデミー賞で6部門にノミネートされました。その人気を受けてハリウッドでのリメイクも決決定しています。

    監督はバラン・ボー・オダー、主演はトム・シリングが演じています。

    監督のバラン・ボー・オダーは2017年に公開された映画『スリープレス・ナイト』でもメガホンを取ったことで有名です。

    「ピエロがお前を嘲笑う」のあらすじ・ネタバレ

    ここでは、「ピエロがお前を嘲笑う」の詳しい物語のあらすじやネタバレの情報をご紹介します。
    ※ネタバレの内容も含むので、これから映画を楽しみたいという方はご注意ください!

    警察に出頭した有名ハッカー…彼の自白内容とは!?

    ある日、警察にベンヤミンという男が出頭しました。彼はWHO AM Iという通称で世間を騒がせている有名ハッカーでした。

    しかし出頭したにも関わらず彼は口を開こうとしません。ベンヤミンはハンネ・リンドベルグという捜査官の男にしか真実を話さないと伝えます。

    そしてハンネが取調室に現れると、ベンヤミンは自分の生い立ちを語り始めました。

    ベンヤミンは幼い頃まったくといっていいほど存在感がありませんでした。次第に彼は自分を透明人間と思い込むようになり、スーパーヒーローに憧れるようになります。

    彼には両親がおらず、祖母と二人で暮らしていました。ある日パソコンを手にした彼はネットの世界に夢中になります。

    ある日彼はRXと呼ばれる伝説的ハッカーの存在を知ります。ベンヤミンはMRXに憧れて、ハッキングをするようになります。

    しばらくした後、彼は初恋の相手マリに偶然出会います。彼女はベンヤミンに大学の試験問題を盗むよう依頼をしました。

    今でもマリに気があるベンヤミンは、試験問題を盗むために大学に侵入をします。しかし警備員に見つかってしまい、彼は逮捕されてしまいました。

    ハッカーとして名を上げるベンヤミン…憧れのハッカーに近づけるか!?

    罪滅ぼしのための清掃活動に勤しむベンヤミン。そこで彼はマックスという男と出会います。

    ある日マックスにパーティーに誘われたベンヤミン。そこで彼はマックスの友人であるステファンとパウルと知り合います。ベンヤミン、マックスを含めた4人全員ともハッカーであり、MRXに憧れていました。

    すっかり意気投合した4人。4人はベンヤミンの住む家を拠点にし一緒に行動するようになります。

    彼らはCLAYと名乗るようになりました。彼らは有名な金融機関や製薬会社などのハッキングにも成功し、世間にその名を轟かせるようになりました。

    しかし、彼らの憧れであるMRXだけはその存在を認めようとしませんでした。サイバー捜査官のハンネ・リンドベルグはフレンズと呼ばれるハッカー集団を捜査していました。MRXに認められないベンヤミン達は、次第に仲間内で意見が分かれるようになります。その頃ベンヤミンはマリに告白をしますが、拒絶されてしまいます。

    ある時、MRXは警察の捜査資料をハッキングします。そして「CLAYは有名ハッカーではない」と声明を出しました。それに怒ったベンヤミン達は、ハッキング不可能と言われている連邦情報局へのハッキングに成功します。この時ベンヤミンは極秘資料も密かに入手していました。

    仲間で成功を祝った夜、ベンヤミンはマリとマックスが一緒にいるところを目撃してしまいます。

    全てはベンヤミンの妄想!?騙されていたのは…

    ある日ハッカー集団フレンズのメンバーが殺害されました。そして遺体のそばにはベンヤミンが手に入れた極秘資料が置かれていました。彼はそれをMRXに送っていたのです。

    CLAYは殺人犯の濡れ衣を着せられてしまいます。彼らは潔白を証明するため、MRXを探し出すことにします。

    ある日彼らはユーロポールに侵入し、MRXに罠を仕掛けます。しかし失敗し、ベンヤミンは一人その場から逃げ出します。

    拠点へと帰ったベンヤミンが見たものは他のメンバーの死体でした。ベンヤミンはユーロポールに出頭し、ハンネに会います。ベンヤミンはMRXと引き換えに証人保護プログラムを要求し、ハンネはそれを認めます。

    そしてベンヤミンはニューヨークにいたMRXを突き止め、警察に逮捕させたのです。

    しかしハンネはベンヤミンの話に疑問を持ちました。彼はもう一度ベンヤミンの生い立ちを調べます。その結果、マリはベンヤミンに再会はしておらず、マックス、シュテファン、パウルは実在していない人物と判明します。彼らは多重人格者であるベンヤミンが生んだ架空人物でした。

    多重人格者の為承認保護プログラムを受けられなくなった彼をハンネは助けます。そしてベンヤミンはハッキングを駆使して、名前も経歴も全て変えました。

    ハンネは旅立つベンヤミンを優しく見送ります。ベンヤミンは船で旅立ちました。その横にはマリ、マックス、シュテファン、パウルがいます。彼らは実在しています。

    ハンネはベンヤミンに騙されていたのです。CLAYのメンバーは笑いながら旅立って行きました。

    「ピエロがお前を嘲笑う」の感想・レビュー

    衝撃的な結末に驚きの声が上がっていました。しかし、衝撃的な結末!とコピーでも歌われている為、期待値があがり、それほどでもなかったという声もありました。すっきりと終わる作品になっているようです。