ここがオトク!クール・ランニングの動画を無料で見れる配信サービスは?ネタバレやあらすじを感想も紹介!

「クール・ランニング」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!
映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。

「クール・ランニング」の動画を視聴する方法は?

「クール・ランニング」の動画を視聴する方法を調査した結果をご紹介します!

映画やドラマ、アニメが見れる動画配信サービスで、無料登録で見放題のサービスやポイントなどを購入して視聴することができます。 2019年10月現在、「クール・ランニング」を視聴することのできる動画配信サービスは以下のようになっています。

「クール・ランニング」動画配信サービス動画配信状況

現在、下記の動画配信サービスで「クール・ランニング」を視聴することができます。

サービス配信状況料金無料期間
U-NEXT1,990円(税抜)31日間
Hulu933円(税抜)2週間
dTV500円(税抜)31日間
FOD888円(税抜)31日間
Amazon Prime500円(税抜)30日間
U-NEXTで無料で見るdTVで無料で見る

「クール・ランニング」の動画は現在、U-NEXT、dTVで視聴することができます。「クール・ランニング」が視聴できる動画配信サービスについて続いてご紹介します。

U-NEXT(ユーネクスト)

U-NEXTは「14万本以上の作品が見放題」という、圧倒的なコンテンツ量を誇る日本最大級の動画配信サービスです。

2007年から動画配信サービスを提供している古参の存在として、多くのユーザーから信頼を獲得しているともに、最新映画作品やTV放映中の旬なドラマなど新作も取り揃える大人気サービスです。

加えて、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができるため、動画作品、漫画、雑誌など総合的なエンタメコンテンツを楽しめます。

U-NEXTの特徴まとめ

  1. 旧作から新作まで!圧倒的な作品ラインナップ
  2. 雑誌や漫画も読み放題!
  3. 動画配信サービスでは珍しいアダルト作品も見放題
  4. ダウンロード機能でオフライン視聴も可能
  5. 最大4台まで同時視聴可能!
  • 作品数:国内最大級の16万本(その内14万本が見放題)
  • 料金:月額1990円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:邦画・洋画・国内ドラマ・海外ドラマ・韓流ドラマ・アニメ・音楽・バラエティ・キッズ・ドキュメンタリー・アダルト・書籍
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:4台まで
  • 画質:高画質HD(1080p)・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・キャリア決済・Amazon.co.jp・AppleID・ギフトコード/U-NEXTカード
  • 無料期間中の退会:可能

U-NEXTのメリット・デメリットは?

U-NEXTの最大の魅力は、なんと言ってもその圧倒的なコンテンツ量です。14万本以上の動画作品が見放題で、国内最大級の作品数を取り揃えています。また、作品の更新頻度が高く、いち早く話題作が配信されるのも大きな特徴です。

対して、料金が月額1990円(税抜)と、他の動画配信サービスと比較すると少し高めの料金設定がデメリットと言えます。しかし、膨大な作品数と高い更新頻度を誇り「他サービスでは見れない作品も楽しむことできる」ため、納得の料金設定です。

16万冊以上の漫画や雑誌も読み放題!

また、U-NEXTでは動画だけでなく、漫画や雑誌などの電子書籍も読むことができます。ワンピースやキングダム、進撃の巨人などの超人気作をはじめとした16万冊以上の漫画と、non・no(ノンノ)、週刊プレイボーイなど有名雑誌70誌以上を取り揃えています。

詳しい雑誌のラインナップはこちらの記事で解説しています。

U-NEXTを無料で利用する方法は?

U-NEXTでは、見放題プランの無料トライアル期間が31日間と、比較的長い期間無料で体験することができます。そのため、少し料金に対して不安があるという方はこの期間中に、じっくりサービスに満足できるか見極めることをオススメします!しかし、見放題プランと言ってもすべての作品が見放題となるわけでなく、原則、最新作品の視聴には課金が必要です。つまり、U-NEXT全てのサービスが無料ということではないのです。

ただし、トライアル期間中に付与されるポイントを使えば、無料で最新作品も視聴できます。詳しくは以下の記事で説明をしていますので、ぜひチェックしてみて下さい。

こんな人におすすめ

  • 過去の名作や旬な作品まで楽しみたい
  • 動画だけでなく漫画や雑誌も読みたい
  • 家族みんなで使いたい

今すぐU-NEXTで無料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくは必ず、U-NEXT公式サイトにてご確認下さい。

dTV(ディーティービー)

dTVはNTTドコモが提供する動画配信サービスです。月額たったの500円(税抜)で映画やドラマ、アニメはもちろんのこと、アーティストのミュージックビデオやカラオケ、VR作品見ることができます。

ドコモユーザー以外も利用可能で、約12万本の作品をたったのワンコインで楽しむことができるなんてとてもお得ですよね。また、無料トライアル期間が31日間と比較的長い期間無料で体験することができます。

dTVの特徴まとめ

  1. 様々なジャンルに対応!約12万本のラインナップ!
  2. 音楽作品が豊富!アーティストのライブやMVが楽しめる!
  3. dTVでしか見れない!銀魂などのオリジナルコンテンツ!
  4. ダウンロード機能でオフライン再生も可能!
  5. こだわりの4K画質やVRコンテンツ!
  • 作品数:12万本
  • 料金:月額500円(税抜)
  • 無料期間:31日間
  • ジャンル:国内外の映画・ドラマ・アニメ・音楽など
  • 個別課金:あり
  • オフライン再生:ダウンロード可能
  • テレビ視聴:可能
  • 同時視聴:なし(デバイスは5台まで追加可能)
  • 画質:SD・HD・・4K
  • 支払い方法:クレジットカード・ドコモキャリア決済
  • 無料期間中の退会:可能

dTVのメリット・デメリットは?

dTVの特徴的なメリットとして、料金の安さが挙げられます。月額料金はたったの500円(税抜)で、業界最安値となっています。また、国内・海外映画やドラマはもちろん、アニメやバラエティ番組、dTVオリジナル番組などジャンルも非常に多彩。さらに、高画質の4K対応やVR作品なども取り揃えています。

しかし、定額の月額料金のみで楽しめる見放題動画は過去作品が多く、最新作などの映画は追加料金が発生する有料のレンタル作品として配信されています。そのため、自分が見たい作品が見放題の動画なのか、またはレンタル作品なのかは契約前に公式サイトで確認しておくことをオススメします。

dTVの無料登録方法は?

dTVを利用するにはログインに「dアカウント」を使用するため、dアカウントを所持している必要があります。そのため、ドコモのケータイを持っている方は方はSMSで、それ以外のキャリアを利用している方はメールアドレスでdアカウントを作成します。dTVに関する詳しい機能や無料登録方法は、こちらの記事をご覧下さい。

こんな人におすすめ

  • コストパフォーマンス最優先
  • ライブ生配信やMVなど音楽も楽しみたい
  • 高画質の4KやVR作品も興味がある

今すぐdTVで料視聴する

※紹介している作品の配信状況やサービス内容は、2019年11月時点の情報です。現在は配信終了している可能性もあるため、詳しくはdTV公式サイトにてご確認下さい。

U-NEXでみれるクール・ランニング出演者の他作品情報

レオン

    ダグ・E・ダグ

    1. シャーク・テイル
    2. スパイダー パニック!
    3. ニューヨーク・ギャングスター

    マリク・ヨバ

    1. Empire/エンパイア 成功の代償 シーズン1

    クール・ランニングをDailymotion(デイリーモーション)やpandoraなどの無料動画サイトで視聴する危険性

    無料で動画が視聴できるサイトに潜む危険性

    「クール・ランニング 動画  無料」などで検索をすると、Dailymotion(デイリーモーション)やpandora、miomio、9tsuといった無料動画サイトが検索結果として表示されることがあります。

    しかし、「無料で見れる!」と思ってサイトをクリックすると、危険なウイルスに感染してしまう可能性が潜んでいます。悪質な広告から有害なサイトに誘導され、個人情報の流出やネット詐欺に遭うリスクがあります。

    また、このような配信サイトで投稿されている動画は違法にアップロードされているものです。そのため、それらをダウンロードすることは犯罪であり、刑事罰の対象となります。

    安心して動画を視聴したい場合は、必ず有料の動画配信サービスを利用しましょう。既に説明をしましたが、有料の動画配信サービスでも、一定の期間は完全無料で様々な動画を見ることができます。

    まずは無料トライアルを活用して、安全な動画配信サービスを試してみてはいかがでしょうか。

    クール・ランニングの作品詳細

    クール・ランニング作品データ

    • 製作年:1994
    • 配給・制作会社:ブエナ・ビスタ

    クール・ランニングの制作スタッフ

    1. 監督:ジョン・タートルトーブ
    2. 脚本:リン・シーファート
    3. 原作:リン・シーファート/トミー・スワードロー/マイケル・ゴールドバーグ

    クール・ランニングの主要キャスト一覧

    1. レオン
    2. ダグ・E・ダグ
    3. マリク・ヨバ
    4. ジョン・キャンディ
    5. レイモンド・J・バリー
    6. ピーター・アウターブリッジ

    登場人物①:デリース・バノック by レオン

    ソウルオリンピックの陸上男子100メートル競走代表選手を決める選考会で、代表最有力候補と目されていたデリース・バノックは隣のレーンを走っていたジュニアがバランスを崩して転倒、ユル・ブレナーとともに巻き込まれ、夏季オリンピック出場の夢は断たれる。しかし、ボブスレーで金メダルを獲得したアメリカ人選手が町にいると知らされる。「ボブスレーでメダルを獲ろう」という奇抜なアイデアを思いつく。

    登場人物②:ジュニア・バヴェル by ロール・D・ルイス

    1988年ソウルオリンピックの陸上男子100メートル競走代表選手を決める選考会でバランスを崩して、デリース・バノックとユル・ブレナーを巻き込んで転倒してしまい、自分だけでなく、二人の夏季オリンピック出場の夢を断ってしまう。デリース、デリースの友人で『手押し車レース』の名手のサンカ、短気なユルと共にボブスレーチームの一員になる。

    登場人物③:アービング・ブリッツァー by ジョン・キャンディ

    金メダルを首にかけているデリースの父と共に、写真に写る1人の白人男性。その男は当時、ボブスレーで金メダルを獲得したアメリカ人選手で、現在この町のプールバーにいるアービングだった。今は肥え太り、ギャンブルに明け暮れていた元金メダリストのアービング。素人チームのコーチとなり、オリンピックに出場を目指すことに。

    「クール・ランニング」の概要

    『クール・ランニング』は、1993年にアメリカで公開されたスポーツ・コメディ映画です。本作は、1988年に開催された冬季オリンピックに初出場したボブスレーチームの実話を基に制作された作品で、架空のエピソードと登場人物を織り交ぜながら、ジョン・タートルトーブ監督が感動的なストーリーに仕上げました。

    また本作のヒットが影響し、実在するジャマイカのボブスレーチームが国の資金援助を得られ、それ以降、2002年に開催されたソルトレークシティオリンピックまで5大会連続出場を果たしました。

    「クール・ランニング」のあらすじ・ネタバレ

    ここでは、「クール・ランニング」の詳しい物語のあらすじやネタバレの情報をご紹介します。
    ※ネタバレの内容も含むので、これから映画を楽しみたいという方はご注意ください!

    オリンピック出場を有力視されたデリースだったが……

    1987年、ジャマイカでは翌年に控えたソウルオリンピックの陸上男子100メートル競走の代表選手を賭けた選考会が行われようとしていました。

    父親が過去のオリンピック100m走で金メダルを獲得した実力者であり、今大会の代表最有力候補として注目の的だったデリース・バノックが会場に姿を見せると、多くの観衆が彼に応援を声を送ります。

    練習を終えて、選手たちが一堂にスタートラインに並ぶといよいよレースが始まります。
    下馬評の通りデリースがレースの中盤までトップの座を争っていました。
    しかし、途中で隣のレーンで走っていたジュニア・バヴェルがバランスを崩して転倒しました。
    デリースとユル・ブレナーの2人までもが巻き込まれるように立て続けに転んでしまいます。

    その結果、デリースはソウルオリンピックの出場権を逃してしまい、彼の夢は無情にも断たれてしまうのでした。

    後日、レースの結果に納得のいかないデリースはオリンピック委員会に押しかけてレースのやり直しを訴えます。
    しかし、その要求を受け入れてもらえずがっくりと肩を落としていると、部屋の壁に掛けられた一枚の写真にデリースの目が留まります。

    その写真に映っていたのは、金メダルを首に掛けた若かりし頃のデリースの父親とある1人の白人男性の姿でした。
    その男性は、当時ボブスレーの競技で金メダルを獲得したアメリカ人選手アービング・ブリッツァーで、まさに今この町のプールバーにいることを告げられます。

    その時デリースの頭に浮かんだのは、ボブスレーの選手としてソウルオリンピックに出場を果たし、そこで金メダルを獲得するという何とも無謀なアイデアでした。

    ボブスレーでまさかのオリンピック出場!?

    現役時代の輝かしい姿は見る影もなく、肥えた体つきで昼夜ギャンブルに明け暮れていたアービングにデリースは頼み込んでボブスレーのコーチに迎え入れました。

    手押し車のレースで連覇を成し遂げている親友のサンカ・コフィをボブスレーに誘い込み、次なるメンバーを募集していました。
    レース中の激しいクラッシュによって大怪我をした選手の映像が流れると、興味を持って説明会に集まった参加者たちもボブスレーの凄まじさを知り恐々として帰って行きました。

    デリースの誘いに手を挙げたのは、純朴だが気弱さが頼りないジュニア。
    そして、彼が短距離競争の選考から落とされることになった張本人のユルの2人で、チームワークもバラバラで先行きは不安そのものです。

    熱帯性地域に属するジャマイカには雪が降るはずもなく、練習施設や設備の用意も整っていない状態です。
    そこで、何とか手に入れたボロボロのソリを使って丘の斜面を滑ったり、気候対策として冷凍庫に入って我慢したりチームは工夫を凝らしてボブスレーの練習に明け暮れました。

    しかし最も大きな課題がオリンピックに参加するための資金を集めることでした。デリースは委員会に資金援助を求めますが、一生に付されてしまい相手にもされませんでした。

    そのため彼らは自力で資金調達すべくそれぞれが稼ぎ奔走しますが、それでも全く足りません。
    短距離走で二人を巻き込んでしまったことを悔やんでいたジュニアは、せめてもの償いとしてある日、父親の了承も得ることもなく勝手に自分の車を売り払ってチームの資金に回します。

    オリンピック本戦に挑むジャマイカチームが起こした感動とは……

    一行は冬季オリンピックの開催地カルガリーのへと到着します。
    いまだに試合用のソリがいまだ調達できず、あまりの寒さに身動きが取れない状態にいました。

    アービングがチームの予選登録の申し込みに向かうと、そこで現役時代の知り合いと出会い彼の計らいでアメリカチームが練習用に使用していた中古ソリを譲ってもらうことができました。

    しかし、初めて氷上を歩くことを経験するデリースたちは、滑っては転びの繰り返しでまともな練習も出来ずにいました。
    現地では他のチームから笑い者にされ、新聞紙面にも酷評の記事が掲載される有り様でデリースたちは居場所を失くしていました。

    さらに悪いことに、アービングが選手時代に競技中の不正行為によって金メダルを剥奪されていた事実が明らかになります。
    チーム内の雰囲気が一気に険悪となる中、酒場に飲みに行ったサンカ、ジュニア、ユルの3人はそこで他国の選手から侮辱の言葉を浴びせられたことで喧嘩に発展し、出場停止処分寸前まで追い込まれます。
    しかし、この出来事でチームの結束力が強固なものとなり、練習にも拍車が掛かった4人はみるみるうちにボブスレーの技術を習得していきます。

    そしてついに予選を迎え、デリースたちはスタートこそ出遅れましたが通過基準タイム1分を切ることをクリアして見事予選を通過します。
    勢いづいた彼らはソリの車体カラーをジャマイカ色に染め上げ、「クール・ランニング(旅に無事あれ)」と命名します。

    その時、競技委員会の判断によりチームがこれまで国際大会の出場記録が無かったことを理由に予選失格の通告を受け、ピンチに陥ります。
    アービングは今年から変更したことを委員会に向けて必死に抗議したことが功を奏し、デリースたちは何とか本戦出場の権利を獲得することができました。

    いよいよ始まった本戦初日はチームに肩の力が入り過ぎたため、スイスチームのプレーを模倣しようと挑んだものの惨敗します。
    2日目は自分たちらしいプレー「クール・ランニング」の精神で臨むことを4人で誓い、ラップを披露しながら登場するや否や、チームの自己ベストタイムを記録して8位に順位を着けました。

    そして運命の最終日、好調な滑り出しで4人はスタートを切りますが、レースの途中でソリの金具が外れてしまったことで制御できなくなり激しく転倒します。
    しかし、4人はすぐに起き上がりソリを担ぎながら最後まで諦めずにゴールを目指します。彼らのその姿は、観衆や他国のチームの感動を呼び会場中から拍手が沸き起こります。

    息子の参加を断固反対し、ジャマイカに連れ戻すために現地を訪れていたジュニアの父ですらもジャマイカチームの応援シャツを見せます。
    ジャマイカチームの4人は完走を果たし、お互いの健闘を讃えました。

    「クール・ランニング」の感想・レビュー

    全くまとまっていなかったメンバーが、徐々に一つになっていく姿に感動した方が多かったようです。全ての人にオススメできる作品!みんなに見てほしい!と太鼓判を押す方もいました。